長野県産 真綿

今回のオーダーはなかなか通なオーダーでした。

真綿+もめん綿+(オプション)長野県産真綿。

近江真綿と長野の真綿のドッキングです。
でもね、これがまた凄いねこはんてんに仕上がったんですよ。

まずは長野の真綿の紹介です。

こちらが長野県産の真綿になります。
P1110587_convert_20150123163238.jpg

通常の真綿より一回り大きい大判サイズの真綿です。

これをぐぐーーーっと右から左から引っ張って広げます。
(この時、荒れてガサガサの手の場合、真綿が引っかかって大変なことになります。笑)

するとこんなに大きくなります。
この大きさで大体男性の背中の広さです。
P1110591_convert_20150123163324.jpg

写真だと限界がありますが、ものすっごくふわっふわです。
厚みも5センチ程あります。
P1110592_convert_20150123163346.jpg

普段使っている近江真綿よりもすごいボリュームです。(ぼそっ)

これをもめん綿+近江真綿が入っている上にさらにのっけるわけです。

スーパーボリューミーなねこ。
暖かさ無限大。

オプション使って様々な組み合わせが可能です。考えるだけで面白くなってきました。

ちなみに長野県産の真綿は次入荷できるか未定です。
数量に限りがありますので宜しくお願い致します。(ちなみに現在残り8枚)

ねこはんてんホームページ
http://nekohanten.jimdo.com/

スポンサーサイト

ねこはんてん よくある質問

①中綿の種類の違いで厚さはどれくらい違いますか?

左 「真綿+もめん綿」         右 「真綿のみ」
P1100066_convert_20140122145835.jpg

P1100067_convert_20140122145948.jpg

重さを測ったところ、真綿+もめん綿は90g、  真綿のねこは70g
おおまかな厚みを測ったところ、真綿+もめん綿は1センチ、 真綿のねこは5ミリ(写真のものは着古して潰れて薄くなってます) でした。

端はしっかりさせるため、綿を折っていれるので少しだけ厚みがあります。

薄いのであれば真綿のみをおすすめしますが、どちらにせよ長く着れば写真のように自分の背の型にフィットするようになり空気が抜けて薄くなっていきます。

真綿+もめん綿は、真綿だけのものよりも背中をほわっと覆われているような着心地です。

真綿だけのものは、軽いので着ているのを忘れて、そのまま布団に入って寝てしまいます。
薄いので服の中に着るのもいいです。着物の下に着る機会あるのでしたらこちらをオススメします。


②紐の長さは調節できますか?
P1100068_convert_20140122150129.jpg

長さの調節は可能です。紐の終わりを半分に折って手縫いで始末してありますので、解いてご自分の長さに直してください。(紐は縫い目の倍の長さにとってあります)

③自宅で洗えますか?
クリーニングにだすことをオススメしますが、自宅でも洗うことは可能です。
洗濯はホームクリーニング用の洗剤で洗って下さい。手洗い(やさしく揉み洗い)、陰干しをオススメします。
ご自分で洗って不具合が出た際の保証はいたしませんのでよろしくお願いします。

④丈はどれくらいが良いのですか?
ねこはんてんを着てこたつに入った状態(座った状態)で、腰あたりまで覆われる長さがあると暖かいです。あまり長すぎるとズボンでしわになってしまいます。
普段は62センチ前後の仕上りで仕立てています。ほとんどの方はこの長さで大丈夫だと思います。
不安な方は一度首の後ろの出っ張った骨~腰までの長さを測ってみてください。

⑤よくあるねこはんてんとの違いは?
木曽にいると色々なねこを見ますが、私なりの理想の形田舎くさくなく、紐がずり落ちにくく、軽くて肩こり持ちの方にも負担なく着れる、ということを思いながら毎回手作りで制作しております。
また、中の綿にもこだわっています。
もめん綿は、とろけるような肌辺りの青梅綿を使用。
真綿は、貴重な滋賀県産の近江真綿を使用
しています。

得体のしれない中国産のものや放射能汚染の疑いのあるものは使用しておりません。

P1070377_convert_20140122153212.jpg


ねこはんてん

南木曽ねこ(なぎそねこ)は有名ですが、実は木曽では他の地域にも色々な「ねこ」があります。
地域によって というより作り手によって違う型の「ねこはんてん」。

「包みの森」のねこはんてんです。
P1070222_convert_20121003140420.jpg

中には近江真綿を入れています。
真綿=繭です。 お蚕さんです。よく間違えられますけどコットンではありません。

現在 蚕の代表産地は 福島県、滋賀県、中国です。
わたしは安心できる国産の 滋賀県産近江真綿 を使用しています。

真綿を入れると表面に真綿が浮き出てくると言いますが、こちらのねこに使用している真綿には表面にニカワが塗ってあり、表面に出てこない加工がされています。先人の知恵ですね。

綿のねこと比べて薄く 軽くて暖かい。外出の際、洋服の下に着られます。
軽すぎて背負っているのを忘れる程。
肩こり持ちの人にもおすすめのかたちです。

真綿を触っていると肌がツヤツヤしてきます。
きっと真綿入りのねこはんてんは美容にも良いのでしょう。

中の真綿。一体蚕何匹分なのでしょう。
P1070077_convert_20121003134734.jpg

とても貴重な真綿を惜しみなくたっぷり入れています。
P1070083_convert_20121003134757.jpg

ダウンベストやジャケットの下、シャツの上に羽織るだけで、うんと暖かくなりますよ。

ご希望の方には通販も可能ですので、「包みの森ホームページ」よりお問い合わせくださいませ。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
包みの森 ねこはんてん通販の方法

①メッセージ欄(コチラ)へ ご希望の柄(生地の種類を参照ください) と 中綿の種類 を記入してください。
②折り返し確認の連絡をし、仕立てを始めます。
③送料はゆうパックを予定しています。
④支払いは商品到着後に振込みをしていただいております。

中綿が 綿のみ3800円 真綿+綿4000円 真綿のみ4000円になります。
真綿+綿が適度に厚みもあり一番暖かくてお勧めです。
真綿のみですと、綿が入っていない分、薄くなります。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


冬の暖房費の節約に、風邪の予防に、ねこはんてん 試してみてね。