スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生地の持ち込みについて

こちらはお母さまの思い出のお着物から仕立てたねこです。

虫食いの部分を極力外し、長着と長襦袢でつくりました。


リメイク前
P9090456.jpg

リメイク後
P9140491.jpg

生まれ変わりましたね。
お母さまのぬくもりがいつまでも続いていくようで、作り手側としてもとても嬉しい依頼でした。


生地持ち込み製作の流れ

こちらに着物を送る(送料はご負担ください) *着物を送る前にあらかじめご連絡ください。
  ↓
生地を確認後、どのように、どの部分を使用して制作していくか、具体的にご連絡いたします
  ↓
出来上がったねこと残った生地と一緒に発送します(送料着払い、代金後払い)





○持ち込み生地について お知らせ○
大変申し訳ないのですが今シーズンから生地持ち込みについて、一枚につき+500円頂くことになりました。
よろしくお願いいたします。


詳しくはこちらまで
http://nekohanten.jimdo.com/

スポンサーサイト

生地&真綿持ち込み

今回、興味深いオーダーが入りました。

生地のみ持ち込みの依頼はよくあるのですが、今回のご依頼は中に入れる「真綿も持ち込みで」とのオーダーです。
入れる真綿は福島の「背負い真綿」
P1120584.jpg


①背負い真綿を一枚入れる
②背負い真綿を二枚入れる
③背負い真綿を三枚入れる
+カイロポケット付き

出来上がりはどんなのになるんだろう??完成予想が浮かばな~い。

送っていただいた生地は元々コートだった正絹の生地で、とっても美しい。裏地も美しい。
大切に着用され、保管されてきたんだろうな、と感じました。

それをこちらで洗い張りしてから仕立て開始。

真綿一枚
P1120576.jpg

真綿二枚
P1120579.jpg

真綿三枚
P1120587.jpg

はいもう一度

真綿が一枚
P1120575.jpg

真綿が二枚
P1120578.jpg

真綿が三枚
P1120585.jpg

えらいこっちゃえらいこっちゃ

はいもう一度~

いちま~い
P1120614.jpg

にま~い
P1120615.jpg

さんま~い
P1120616.jpg

背負い真綿のねこ三兄弟の完成です!
P1120617.jpg
背負い真綿が三枚入ったネコは、まるで布団。
冬はどれくらい暖かいのかな~。
試してみたくなります。

これさえあればもう無敵ですね。
すごく楽しくお仕立てをさせてもらえ、感謝感謝です。
ありがとうございました。

包みの森では「生地を持ち込み」でのねこ半纏の仕立ての注文も受け付けております。
詳しくはこちらから
↓ ↓ ↓

「古布からつくる ねこはんてんHP」 生地の種類・値段

http://nekohanten.jimdo.com/

持ち込みの生地で

今回は生地持ち込みのお客様です。

コチラの生地。
P1110737.jpg
大島紬だそうです。
こういう色柄のものもあるんですね~。

出来上がりはこのようになりました。
P1110756.jpg

シンプルで素敵です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。