寝室の改装 その1

北側にあるので相当寒いハズの部屋。

ビフォア
P1070453_convert_20130130133438.jpg

北側の外に面している壁にだけ断熱材を入れます。

①壁を剥がします。
P1070900_convert_20130130133600.jpg

②断熱材をタッカーで張ります。断熱材は一枚100円!
これも張り方にコツがあって、わたしたちだけでやってたらものすごく損してたと思う。
さすがに仕事が速い元大工の神 ユージ氏
P1070901_convert_20130130133801.jpg

今日は台所の床を張ったのと寝室の断熱入れで終了。
次回はこの上に石膏ボードを張って、しっくいを塗る予定です。


帰り道
P1070903_convert_20130130134558.jpg

白川の氷柱群。ライトアップしてるのは始めて見た~。
P1070902_convert_20130130134450.jpg

ザ 異次元!


スポンサーサイト

台所の改装 その2

翌日

断熱材を張っていきます。
P1070881_convert_20130130132520.jpg

仕事が速い ユージ氏。
P1070885_convert_20130130132625.jpg

断熱材の上にコンパネを張りました。
P1070889_convert_20130130132724.jpg
 
ヒノキの板はシンクを設置してから張るので、台所作業 今日はここまで。

台所の改装 その1

家の修復大作戦。
ブログにアップするつもりはなかったんだけど、思いのほか大掛かり&おもしろくなってきたのでアップすることにしました。
引越し先の家は古民家といえるほど古くもなく、かといって昭和の香りのする家でもない中途半端な昭和初期の家屋です。

台所 ビフォア
P1070451_convert_20130129174147.jpg P1070449_convert_20130129173926.jpg

大家さんの荷物が沢山。

シンクを開けてビックリ!油まみれもいいほどの油シンク。油にまみれてねずみが死んでる…っていう。。
さすがにこのシンクは使う気がなくなりました。

なので撤去!
食器棚も冷蔵庫も荷物も撤去!!

P1070822_convert_20130129174556.jpg

こんな感じにスッキリしました。

そして日曜日。ペンキ塗りをすると言ったら、ペンキを塗りたい願望のある技専の友だちがたくさん来てくれました。

キッチンの天井を塗りま~す。
さっそくマスキングを。

P1070868_convert_20130129174357.jpg

よし、塗ってみよう!とペンキを出してきたところ…
「そういえば 気温がマイナスのときはペンキ塗ったらいかんとちゃうん?」と神の一言。

水性塗料を塗る場合、乾燥時に気温がマイナスになったら塗膜がうんぬんかんぬんで、後々パリッパリに剥がれてくるらしい。
さすが知識の塊 技専生。

というわけで、期待のペンキ塗りはまたいつの日かに後回し。みんなごめんよ~

気分一掃 床を直すことにしました。
床は板一枚入っているだけで、ものすごーーーく寒いのです。
以前から台所の寒さをどうすればいいか私たち悩んでいました。
そんなことを話していたら、出てきました 神!元大工のユージくん。

断熱の構造とか ものすごく詳しい。
さっそくご指導の元、ビニールクロス→薄い板→床板を剥がします。
P1070870_convert_20130130123508.jpg

P1070873_convert_20130129180558.jpg

土台の板はヒノキでいい色になっていたので再利用する予定。

P1070877_convert_20130129180731.jpg

頑張れ 肉体作業!

ひとまず床が剥がれたので今日はここまで~。
こんな大掛かりな作業をすることになるとは考えもしなかった…。

みんな ほんとうにありがとう。
感動してマス。






自家製大豆で自家製納豆

納豆を作ってみました。

P1070832_convert_20130124131835.jpg

P1070833_convert_20130124131955.jpg

P1070837_convert_20130124132110.jpg

P1070835_convert_20130124132216_convert_20130124132701.jpg

[用意するもの]
乾燥した豆(種類はなんでもOK)
市販の納豆1パック

小分け用のタッパー
湯たんぽ、発泡スチロール、バスタオル

[作り方]
①手のひらもりもり5つかみ分程の大豆を一晩水にひたす(寒かったので私は二晩)
②給水させた大豆を圧力鍋でやわらかめに蒸す(「やわらかめ」「蒸す」のがポイント!)
③市販の納豆1パックをボウルに入れ、その中にお湯を大さじ2くらい入れて混ぜる
④③のボウルの中に②のやわらかく蒸した大豆を入れ、グルグル混ぜる。
⑤タッパーに④を入れる。(小さなタッパーに小分けすると楽)

第一段階終了。
次は発酵に入りますー。

うちには便利な保温調理器などありませんので、コタツの中で発酵させました。

⑥発泡スチロールの中にタオルで包んだ湯たんぽを入れ、その上に⑤のタッパーを並べる。
(その時タッパーの蓋は開けておく)
冷めないようにバスタオルをかぶせて発泡スチロールのふたを閉める。
⑦2、3日様子を見ながら大豆の表面にシワが寄って表面に白い膜が張ったら出来上がり!

コタツは周りの冷気から湯たんぽが冷めるのを守るためなので、人が入っていないときは電気入れなくても大丈夫です。(明け方には氷点下になるうちの家でも大丈夫でした)
発泡スチロールの中に包んだタオルは納豆臭くなります(笑)←洗ったら臭いは取れます。

冷蔵庫で2日以上寝かせると食べごろです!
写真は二週間寝かせたもの。

はじめは待ちきれず1日だけ寝かせた納豆を食べました。ちょいと豆の味が強く、トゲトゲしさを感じました。
二週間寝かせたものは明らかに美味しかった!
やわらか且つ強靭な粘り。味も粘りも全てにおいてマイルドで醤油つけなくても食べれます!納豆嫌いな人でもイケルかも!

カスピ海ヨーグルトみたいな感じで継ぎ足して継ぎ足して いつかは「カモ印納豆」が出来たりして。

そういえば、メキシコにいたときに「ここにあるものでどうやったら納豆を作れるか」という話になって、トウモロコシの皮の中に大豆入れて発酵させたら納豆になるらしい。って結論に達したことがあります。結局やってないけど。

いつか挑戦してみるか!







チクチク あみあみ

冬篭り中の の~んびりした時間
手仕事にはまってます。

まずは絶対に使うだろうよだれかけ。
おもて                        うら
P1070845_convert_20130123132150.jpg P1070847_convert_20130123132022.jpg
いらない布を再利用してつくりました。

生まれてくる自分の子がヨダレ洪水派なのか はたまた水分カラカラ派なのか
全く検討がつきませんが、念のため要らないタオルを2重に入れ込んでつくりました。


さてお次は 毛糸のベスト。
まえ                       うしろ
P1070844_convert_20130123132259.jpg P1070843_convert_20130123132400.jpg
モチーフをつなげればベストになるだろうと勝手に想像して作ってみました。

一体これは何歳用?
余ってた毛糸を寄せ集めて作ってたところ、女の子カラーになってしまったので後ろは青色多めでフォローしました。
サイズ感覚が全く分からないけどいつかは着せられるかな。

さてさて 次は何作ろうかな。

風呂桶の箍を締め直す その2

箍を締めなおした風呂桶に水を張ってみました。

P1070818_convert_20130122084844.jpg

P1070819_convert_20130122085012.jpg

あー ずだ漏れ。底から漏れてます。
このまま膨張してくれたら漏れなくなってくれるか!?

数時間後。。

一向に漏れてる水勢に変化が無いので「使えない」と判断しましたー。

P1070820_convert_20130122085225.jpg

いい景色だな~。

風呂桶の箍を締め直す

次に引っ越す家は木の桶風呂です。

さすがに18年住んでないので箍(タガ)が外れてスッカスカの状態です。
桶自体は綺麗だし、使えそうです。
とりあえず緩んだ箍(タガ)を絞め直すことになりました。

鴨川 桶の修復作業に燃えているご様子。

このスッカスカの割れ目は十数年水を張っていないので乾燥しきった状態。
P1070791_convert_20130113165207.jpg

P1070790_convert_20130113165015.jpg

箍を締めて水を張ったらおそらく漏れないようになってくれるでしょう。
P1070793_convert_20130113165613.jpg

トントン カンカン
専門の道具がなかったので家にあるものを使ってやってます。
自分たちが使う風呂なので気にしませ~ん。

P1070795_convert_20130113165803.jpg

この箍の張り加減が職人技です。
難しそう。

P1070805_convert_20130113180037.jpg

一枚の箍じゃないので苦戦しているご様子。

P1070800_convert_20130113175844.jpg

P1070809_convert_20130113180243.jpg

箍は無事元の四箇所におさまりました。
割目も多少は塞がってます。

P1070811_convert_20130113180540.jpg

あとは水を張ってみて漏れないか様子見です。

出産育児休暇のお知らせ

こんにちは。

相変わらず毎日極寒ですね。
なんだか今年は去年より寒さが強いような気がします。
昨冬とは違う家に住んでいるからなのか 妊娠して感覚が変わったからなのか ただ単に寒いだけなのか
家の中のものが凍っていく時期も去年より早い気がする…。 

先日バナナを買ってきて机の上に置きました。夕方、バナナの色がうす暗く変化しているので「??」と思い見てみると
半凍りかけ。
バナナを冷凍庫に入れると皮が真っ黒になるあの状態になっていました。

どれだけ台所寒いっちゅーねん。。。冷蔵庫の方がはるかに暖かいです。冷凍室ももはや効いてないです。
食材から 水回りから ことごとく凍るので知恵との勝負です。


さてさて、自宅サロンのお知らせです。

お腹が日に日に膨らみ始め、以前と同じ様な施術を提供することが出来なくなってきました。
従って、2013年1月より夏ごろまで 自宅サロンをお休みすることにします。

無事元気に生まれてくれて生活のペースが分かってきたら再開しますので、どうぞよろしくお願いします。

木曽谷 リラクゼーション ボディケア
「包みの森」



あけましておめでとうございます

インドへ行ってきました。

久しぶりのインド。どんなことが起こるのだろう。
ドキドキ わくわく アドレナリン放出しまくり。
これからどんなことがおこるのだろう。

P1070671_convert_20130107173954.jpg

以前より野良ウシが少なくなってる気がしたけど、野良犬、野良ブタ、相変わらずにいてニンマリ。
今回は以前にも滞在したことのあるガンジス川沿いの聖地リシケシュとハルドワールに行ってきました。

聖地にはサドゥー(修行者)や巡礼者がたくさんいて、お寺やアシュラムからは絶え間なくお祈りの声が聞こえてくる。
日暮れになると毎日ガンガーへプジャー(お祈り)が行われる。
インドの喧騒、神様と音、香。インド人のテキトーさ。

これをもう一度このカラダで感じておきたかったんです。

P1070729_convert_20130107182641.jpg

リシケシュでは良い先生に出会え、念願のマタニティーヨガもでき、
瞑想に呼吸法にマントラ、精神世界。
忘れていたことをたくさん思いかえすことが出来、色んな意味でかなりのデトックス旅行となりました。


「インドの宗教は自分の内なるものへの理念しかない。キリスト教は人への奉仕がある。クリスマスという日を尊敬しているんだ」と、家族がクリスマスにフリーコンサートを開いてくれた。
コンサートの後にはインド流パーティー料理をふるまってくれた。
P1070597_convert_20130107173243.jpg

インド人にインドでも新年はお祝いするの?と聞いてみた。
インドではディーワーリというインド流ニューイヤーが10月末にあるので、12月の大晦日はどうなのだろうとふと疑問に思ったから。
「あたりまえだよ。もちろんお祝いするさ。でも今年はこの前起こったレイプ事件があるからいつもみたいに盛大にはお祝いできないな」
「私たちも明日日本に戻って、家族と一緒に新年をお祝いするんだよ」と言ったら、無表情だったオヤジが満面の笑みで「素晴らしい」と言った。全然まけてくれなかった服屋のオヤジだったけど、この人にも家族がいるんだろうなと思った。
私がいた期間もインドのニュースペーパーにはこの事件をきっかけにwake up India!と各地で起こっているデモの記事ばかりだった。


P1070736_convert_20130107182919.jpg

全てのものに 光が与えられ 祝福と導きをお祈りいたします。
OM SHANTI SHANTI SHANTI


ニンプにはインドローカル料理のマサラ天国が刺激的すぎた家族旅行でした。


ということで、日本に戻って日本の快適さ、日本人である幸せさを痛感しております。
笑顔あふれる一年でありますよう 今年もよろしくおねがいします。