桶の修理

最近は桶の修理の依頼も多いです。
みなさん共通しているのですが、タガが外れて自分で針金巻いたりして、色々やってみたんだけど、どうにもなんねぇ、、、状態です。

鴨川本人はタガの修理はとても勉強になるんだと言い、喜んでおります。
P1100987_convert_20150131094125.jpg

P1100991_convert_20150131094300.jpg

鴨川は竹のタガを使うことにこだわっています。
自然のもの(木)に硬いもの(銅などのタガ)を使ったら苦しいでしょ。
木も竹も呼吸している。
一緒に呼吸するから長持ちするんだ。と

P1100993_convert_20150131094432.jpg

王滝村のお蕎麦屋さんに元の姿になってお戻ししました。
ついでに極上の手打ち蕎麦を頂いて。
心も満たされた一日でした。
スポンサーサイト

桶四兄弟

夜な夜な何をつくっているのかと思ったら

P1110582_convert_20150131093739.jpg

P1110581_convert_20150131093802.jpg

桶四兄弟。
飯台(すし桶)です。

P1110646_convert_20150131094003.jpg

一つは愛知県へ
一つは兵庫県へ
二つは韓国へ(!)

長野県産 真綿

今回のオーダーはなかなか通なオーダーでした。

真綿+もめん綿+(オプション)長野県産真綿。

近江真綿と長野の真綿のドッキングです。
でもね、これがまた凄いねこはんてんに仕上がったんですよ。

まずは長野の真綿の紹介です。

こちらが長野県産の真綿になります。
P1110587_convert_20150123163238.jpg

通常の真綿より一回り大きい大判サイズの真綿です。

これをぐぐーーーっと右から左から引っ張って広げます。
(この時、荒れてガサガサの手の場合、真綿が引っかかって大変なことになります。笑)

するとこんなに大きくなります。
この大きさで大体男性の背中の広さです。
P1110591_convert_20150123163324.jpg

写真だと限界がありますが、ものすっごくふわっふわです。
厚みも5センチ程あります。
P1110592_convert_20150123163346.jpg

普段使っている近江真綿よりもすごいボリュームです。(ぼそっ)

これをもめん綿+近江真綿が入っている上にさらにのっけるわけです。

スーパーボリューミーなねこ。
暖かさ無限大。

オプション使って様々な組み合わせが可能です。考えるだけで面白くなってきました。

ちなみに長野県産の真綿は次入荷できるか未定です。
数量に限りがありますので宜しくお願い致します。(ちなみに現在残り8枚)

ねこはんてんホームページ
http://nekohanten.jimdo.com/

ロングライド

ちょっと休憩。
たまには青ちゃんと遊ばないと。

家の前の道が真っ白で、ゆるい傾斜。

これはもうやるっきゃないよね。車も通らないし。
P1110577_convert_20150123161931.jpg

上から下まで一キロあるかな。
だいぶ長いそり滑りのコースです。


真綿二倍

最近、オプションで中に入れる真綿の量を二倍で注文をしてくださる方が多くいらっしゃいます。

こんなかんじです。
この真綿、全部中に詰めちゃいますから、すごい量です。

P1110460_convert_20150111121731.jpg

P1110461_convert_20150111121800.jpg

凄すぎてつい写真を撮ってしまいます。

ねこはんてんのホームページはこちらから。
http://nekohanten.jimdo.com/

百歳!

今回はすごいオーダーが入りました!

なんと!百歳を迎えるお婆様へのプレゼントです!

正絹 京茶染め 

真綿二倍でたっぷり ふっかふかに仕上がっています。

P1110459_convert_20150110110635.jpg

このようなかたちで百歳のお祝いに参加させてもらえることを嬉しく感じます。
いつまでもお元気でいてくださいね


ねこはんてんのホームページはこちらから。
http://nekohanten.jimdo.com/

新年!

あけましておめでとうございます

今年は一面真っ白なお正月になりました。
まるでもちとり粉が空から降ってきているような粉雪です。

P1110390_convert_20150101131936.jpg

年末はまるでうちは宿屋か!ってなくらい日替わり立ち代り友達が遠くから遊びに来てくれてにぎやかに過ごせました。

P1110404_convert_20150101131856.jpg

一変して正月は父ちゃんがずっと仕事なので、わたしは青ちゃんと二人いつもと変わらない空間に、おせちだけが正月ムードを盛り上げてくれています。
そう!今年は遊山箱にお節をつめました。
P1110420_convert_20150101131739.jpg
徳島でお世話になった大好きなパパママから頂いた宝物です。

遊山箱は徳島では馴染み深いもので、子どもたちが節句に外に遊びに行くとき、この遊山箱にご飯を詰めてもらって花の咲いた木の下でご飯を食べる、という習慣があったようです。
お母さんに詰めてもらってこの箱を開けるのが楽しみだったんよ、ってママがよく話してくれました。
ちなみに遊山箱は徳島市の漆器蔵いちかわ こちら→ いちかわ HP で扱っているのでのぞいてみてください。

木曽の冬はまだ始まったばかり。
P1110405_convert_20150101131815.jpg
今年の氷柱の完成度はまだまだ。これが一面にがっちり決まるまでまだまだ冬はこれからだという感じです。

去年は身近なところで災害が重なり色々と考えさせられる一年となりました。
今ある暮らしに感謝し、平和で美しい年となりますよう
今年もどうぞよろしくお願いいたします。