木曽馬の爺さま

木曽では昔から農耕馬として家族の中に木曽馬がいるという歴史がある。
それが農業の機械化と共に木曽馬を飼う家庭は減っていき、現在わたしの住む町で三軒のみ。

前々から暮らしぶりを見てみたかった爺さまのところにおじゃますることが出来た。
P1070201_convert_20121003135731.jpg

木曽の家にはどの家にも馬屋(まや)がある。
日当たりの良い南の一等地に馬屋があり、爺ちゃんの家にも玄関先に馬屋が。
P1070221_convert_20121003140302.jpg
人間は暗い家の中で 馬は日当たりの良い部屋で暮らすのだそう。

木曽馬はひとなつっこくって穏やかで ほんとうに愛らしい。
P1070214_convert_20121003140153.jpg

ちょうど、刈取ったススキや雑草を重ね 冬用の飼料をつくっていた。
P1070206_convert_20121003140010.jpg

経験者がいる間に 木曽馬を飼って 馬耕して、歴史が途絶えないように…
いろいろ やりたくなってしまいました。  

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する