スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸家ジプシー

木曽に来て 現在の家で二軒目。

ちょうど一年前の今頃。引っ越してはじめて住んだ家は町中の元商店だったという家。
一階が店舗とキッチン、バス、トイレ。二階に7部屋あるという家でした。
駐車場と庭がなく生活道路に面している為、車が通る度にシャッターが振動で揺れて、わたしの生活スタイルとはかけ離れていました。
それでも住める場所があるだけいい。と思い、家の契約が終わる翌年の春までには他の家に移動出来るよう、空き家を探しながら住んでいました。

ここには不動産屋がないので、人に聞いたり聞いてもらったり、あらゆる集落を見てまわったり、グーグルアースで山の中に家っぽいのがあったらそこを目掛けて見に行ったり、思い当たることを全てやり尽くした後に出た結論が、今は移動できる家がない。ということ。

春になって契約期限のぎりぎり前に「あそこの家が四月から空く」という情報を聞き、現在の家に引っ越したわけです。
畑もあり、自宅サロンを開ける部屋も出来たのでしばらくはこの家で地に足をつけて暮らしていこう。

住み始めて半月後、大家さんが不動産屋のおじさんと一緒に家を見に来ました。
どうやら、家を売りに出すということ。
大家さんは「どうせ売れねーよ」と言っている。

なんだかいい気分がしないなぁ。と思いつつ月日が流れ、先日。
大家さんと不動産屋とお客さんが家を見にやってきました。

翌日「家が売れたぞー」との連絡が。

引っ越して半年。

わたしたち、またふりだしに戻りました。
家探し再開です。

いつになったら落ち着ける場所は見つかるのでしょう。













スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。