木曽の蝸牛とねこ展 

ねこはんてん

蝸牛へ たくさん納品してきました。

P1070376_convert_20121107132639.jpg

P1070375_convert_20121107132507.jpg

私の作っているねこはんてんの詳しいこと→こちらクリック(前回の記事)

蝸牛ブログのねこはんてんの記事→こちらクリック

P1070382_convert_20121107132341.jpg

蝸牛さん、冬の間はお店を閉め冬眠します。
霜が降りて道路が凍結する恐れがあるので、街から来たノーマルタイヤのお客さんには危険なのです。

今年は今月の11日で終わりです。

ご希望の方には個人的に通販も可能ですので、気になる方は「包みの森ホームページ」よりお問い合わせくださいませ。(お店とは関係ありません)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
{追記}包みの森 ねこはんてんの通販の方法
①お問い合わせ欄へ記入していただいたメールアドレス(コチラ)へ、仕立て出来る生地の画像をメールでお送りします。
(電話でもかまいません)
②気に入った柄がありましたら生地と中綿を選んでいただき、仕立てを始めます。
(枚数にもよりますが1,2日で完成します)
③支払いは商品到着後に振込みをしていただいております。
中綿が 綿のみ3800円 真綿+綿4000円 真綿のみ4500円になります。
真綿+綿が適度に厚みもあり一番暖かくてお勧めです。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

そしてなんとなんと!嬉しい情報。
11/16(土)~18(日)木曽を降りて松本で「木曽の蝸牛とねこ展」やるそうです。 


11kagyuutenn2_convert_20121107132712.jpg

松本で三日間、蝸牛の出店を開きます。
蝸牛にご縁の手が作った物を、たずさえて山を降ります。


~竹と漆と木とkisoと~

飯島正章 竹籠 染物・青物
小椋正幸 木の器
小栗蔵太 ペーパーオープナー
金城貴史 ジャム匙
酒井邦芳 はつり椀
下畑茂  木の鳥
巣山定一 参六小百合椀
瀬尾誠  漆絵の小箱
高井修  木の皿
保知充  木の筆箱 
ねこはんてん おばあちゃんたち

とかの予定です。
手づくりですので、数はそう多くないです、どうそご縁がありますように。

松本駅から、蔵シック館まで歩いて10分です。
気軽にお立ち寄りいただければ嬉しいです。

蝸牛~竹と漆と木とkisoと~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ねこはんてん蝸牛へ たくさん納品してきました。私の作っているねこはんてんの詳しいこと→こちらクリッ

2012/11/14 (Wed) 13:50 | まっとめBLOG速報