印度へ

7年前 当時友人であった鴨川が
「次を最後の旅にする。バックパッカーをやめて30代は日本で地に足をつけて働くんだ」と言った。  

長年アジアを旅していた彼に、最後に旅をするならどこの国に行きたいと思う?と聞いたら
「やっぱりインドだね~」と。

鴨川のその一言で当時25歳だった私は2カ月の休暇をもらい、一人インドへ旅に出た。

P1030638.jpg

インドという国は もう二度と行きたくないと思うか インドに恋をしてしまうかのどちらかだ と言う。

宿から100メートル先にある食堂に行くとする。
毎日同じ道を歩いているはずなのに、毎日違う事が起こる。
たった100メートルの距離なのにたどり着くまでに30分、日によっては一時間もかかってしまう。
インドでは予想だにしないことばかりが自分に絡みつてくる。

私はそんなインドにはまってしまった まさに後者のほう。

インドに行き、その後の人生が変わったと言いきれるほど、私にとってはターニングポイントとなった旅なのだ。

P1050013.jpg

木曽に暮らし始めて毎日が旅をしているように面白く平和な時間が流れ、どこか旅に出たいという類の願望が湧いてこなかった。

それがふとしたきっかけで航空券を調べていたところ妙にインド行きチケットが目に止まり、そのまま購入してしまった。

現在妊娠6カ月。インドへ。

面白い事に今回の旅は 私をインドへ導いてくれた鴨川と一緒。 
その鴨川との赤ちゃんが私のお腹の中にいる。

ついこの間までは インドに行くことさえ考えていなかったのに。

P1040035.jpg

7年前インドにいた私が、妊婦がインドを旅したらきっと素敵な旅になるんだろうな、と思っていたことを思い出した。

偶然ってすごい。こういうところがインドなんだな。

P1040726.jpg

しばらくの日本暮らしでカチカチに凝り固まった価値観を崩壊させるべく

鴨川家 インドへ 
行ってきます。


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する