あけましておめでとうございます

インドへ行ってきました。

久しぶりのインド。どんなことが起こるのだろう。
ドキドキ わくわく アドレナリン放出しまくり。
これからどんなことがおこるのだろう。

P1070671_convert_20130107173954.jpg

以前より野良ウシが少なくなってる気がしたけど、野良犬、野良ブタ、相変わらずにいてニンマリ。
今回は以前にも滞在したことのあるガンジス川沿いの聖地リシケシュとハルドワールに行ってきました。

聖地にはサドゥー(修行者)や巡礼者がたくさんいて、お寺やアシュラムからは絶え間なくお祈りの声が聞こえてくる。
日暮れになると毎日ガンガーへプジャー(お祈り)が行われる。
インドの喧騒、神様と音、香。インド人のテキトーさ。

これをもう一度このカラダで感じておきたかったんです。

P1070729_convert_20130107182641.jpg

リシケシュでは良い先生に出会え、念願のマタニティーヨガもでき、
瞑想に呼吸法にマントラ、精神世界。
忘れていたことをたくさん思いかえすことが出来、色んな意味でかなりのデトックス旅行となりました。


「インドの宗教は自分の内なるものへの理念しかない。キリスト教は人への奉仕がある。クリスマスという日を尊敬しているんだ」と、家族がクリスマスにフリーコンサートを開いてくれた。
コンサートの後にはインド流パーティー料理をふるまってくれた。
P1070597_convert_20130107173243.jpg

インド人にインドでも新年はお祝いするの?と聞いてみた。
インドではディーワーリというインド流ニューイヤーが10月末にあるので、12月の大晦日はどうなのだろうとふと疑問に思ったから。
「あたりまえだよ。もちろんお祝いするさ。でも今年はこの前起こったレイプ事件があるからいつもみたいに盛大にはお祝いできないな」
「私たちも明日日本に戻って、家族と一緒に新年をお祝いするんだよ」と言ったら、無表情だったオヤジが満面の笑みで「素晴らしい」と言った。全然まけてくれなかった服屋のオヤジだったけど、この人にも家族がいるんだろうなと思った。
私がいた期間もインドのニュースペーパーにはこの事件をきっかけにwake up India!と各地で起こっているデモの記事ばかりだった。


P1070736_convert_20130107182919.jpg

全てのものに 光が与えられ 祝福と導きをお祈りいたします。
OM SHANTI SHANTI SHANTI


ニンプにはインドローカル料理のマサラ天国が刺激的すぎた家族旅行でした。


ということで、日本に戻って日本の快適さ、日本人である幸せさを痛感しております。
笑顔あふれる一年でありますよう 今年もよろしくおねがいします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する