木曽の遅節句

この時期の木曽の名物を言えば、朴葉巻きです。

米粉をお湯で練った生地に、あんこを巻いて、朴の葉で包んで蒸した食べ物です。

初めて食べた時は …(?)どうなのこれ、、  って正直思いました。大福やまんじゅうをイメージしてたからですかね。
が、
翌年からは、これを食べないと居ても立っても居られないほど大好きなものになりました。
蒸し上がったときの朴葉の香りがなんとも気持ちがいいんですよ~。

ほうば

うちでは毎年手作りしています。
あんこの甘さも調節できるし、米粉も安心できる産地のものを使えるし、何よりたくさん作って食べ放題!

あんに入れる砂糖をドライフルーツのデーツに置き換えれば、小さな子どもたちにも安心して食べさせられますしね。

保存はこんな感じで
ほうば巻

おひつや寿司桶に入れておくと柔らかさを数日間保ってくれますよ~。

桶のご注文は「鴨川桶店」まで(笑)
http://okekamo.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する